KOG オンライン学習塾
Lesson - 5 本文ホンブントオしで
Show and Tell - 1 

shozokogure@gmail.com

  Kumi :  Have you ever seen this?   
TEXT と学習内容 絵をクリックすると大きくなります。
Warm - Up 進行形
比 較 Tom   :  Yes. It's a scarf, isn't it? 日本語訳はドアーをクリック              
Lesson 1 受動態(受け身)  
Lesson 2 現在完了形 Kumi : 

No. It's a furoshiki. It's a square cloth that is used to carry things. It's very useful. We use it like this.        The word ' furoshiki ' comes from furo ' bath ' and shiku ' to spread '. It was first used for visits to a sento or public bathhouse.

Lesson 3 現在完了形
Lesson 4 第五文型
接続詞 that  
  不定詞  
Lesson 5 関係代名詞      
Lesson 6 関係代名詞      
Lesson 7 いろいろな不定詞 Tom   : I didn't know that. 日本語訳はドアーをクリック
  第五文型              
Lesson 8 間接疑問文    
  疑問詞+不定詞

New Words

 

         
   

seen  scarf  square  cloth  bath  spread  bathhouse  

         
基本文法と熟語集

 

 

 

 

第一文型 第二文型

 

 

第三文型 第四文型

関係カンケイ代名詞ダイメイシ

 

熟 語 集 英語基礎用語集

基本例文1 

 

 

ホームページに戻る  

 

a dog

 

 

 

 

 

 

 

a dog that has long ears

ナガミミをした(長い耳を持っている)犬

I have

a dog that has long ears

 

 

私は、ナガミミをした(長い耳を持っている)犬を飼っています。

文法説明

 

 

 

 

 

上記の例文は下記の二つの文から成り立っています。

 

I have a dog. + It ( A dog ) has long ears.  

私は犬を飼っている。+ それは長い耳を持っています。

 

これらの二つの文を一つの文につなぐ役割をする言葉 ( ここでは that )を関係代名詞
と呼びます。関係代名詞は 接続詞+主語 の働きをします。
上の文を一つの文に書き直すと次のような文になります。

 

I have a dog and it has long ears.  

 

私は犬を飼っています、そしてその犬は長い耳を持っています。

 

 

 

 

次の and it の部分を、関係代名詞と呼ばれる that に置き換えることができます。

I have a dog and it has long ears.  

 

I have a dog  that  has long ears.  

 

この that は接続詞 and と次の文の主語である it の両方の働きをします。
日本語訳は、【 私は犬を飼っています、そしてその犬は長い耳を持っています。】
と訳してもいいのですが、学校では、関係代名詞は形容詞節と教えますので、
that 以下の文全体が、先行詞と呼ばれる関係代名詞のすぐ前にある言葉 ( ここでは a dog
を修飾するように訳すようにするといいです

 

 

すなわち、【 私は、+( 長い耳を持っています。) の部分を修飾語のように直して
+ 犬を飼っています。】 とすると次の文となります。
【 私は、長い耳を持った ( した ) 犬を飼っています。】 → 期待解答となります。

that の次にくる動詞の主語は、先行詞 ( 関係代名詞の前に置かれている名詞 :
ここでは a dog ) なので、先行詞の人称や単複に注意する必要があります。

 

 

 

 

 

 

Show and Tell - 1, 2, 3, 4

 

ホームページに戻る